\フリーローンおすすめ1位/

トップページ

「今すぐフリーローンで借り入れしたい」
「フリーローン審査に通るか心配」

当サイトではフリーローンで借り入れしたいけど審査が不安と言う方に、おすすめの即日ローンをご紹介いたします。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
フリーローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」当サイトでは、ネット審査は誰にもバレずに24時間365日申し込みが可能です。郵送物無しで借り入れしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

フリーローンのコラム

所謂キャッシングというサービスは、お金を融資する会社から一般的に考えて少額のお金を融通してもらうという借り入れの方法のことを指しています。

常識的に考えたとしても借金をするのであれば債務者が返済できなくなったときのことを考えて保証人や担保などが必須です。

だけれども、キャッシングを利用するという場合ならば、家族などが保証人になったり、家を抵当に入れたりすることは必ずしも必要であるということではないのです。

申込者が間違いなく本人であるという証明になる書類を出せば、お金が手元に届くことになりますから大丈夫です。

プロミスでのキャッシングを利用する場合、店頭窓口だけでなく、忙しい方でもインターネットや電話、ATMを使って申請できるので好きな方法を選択することができます。

また三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関などを普段利用されている方は、受付が終わってから約10秒後には申請した金額が入金されるサービスを使う事が可能です。

それから30日間は、利息がかからない期間もありますし、女性のための専用ダイヤルもあるので、プロミスが長く愛される魅力の一つといえるでしょう。

キャッシングは、定職につかず収入のない人でも利用できるというほど容易ではありません。

ニートは毎月決まった収入がないので、キャッシングができる条件をクリアしていません。

収入がある人でなければいけないので、ニートはキャッシングでお金を借りられる対象に入らないという話です。

キャッシングで生活費を工面するという場面では、余計な分をキャッシングしないようにして、十分に返済可能な額にしておかなければ、返済できないということにもなりかねません。

ほんの少し、生活費くらいと思っていても、小さな積み重ねが取り返しのつかないことになるため、キャッシングにすぐ手を出すのではなく、気を付ける必要があります。

キャッシングを利用する際の心構えとして、計画的に返済方法を考えてから、利用するようにしましょう。

キャッシングは生活費が足りなくなってしまった時に使うことも可能です。

少額のお金を借りて、生活費を補填することも不可能ではありません。

お金が手に入り次第、返済すればいいので、簡単に利用出来る方法でもあります。

お金に困ったら借りるという手段も考えに入れてください。

消費者金融系のキャッシングローンは、銀行口座を経由しなくてもお金を借りられます。

店頭で相談、または自動契約機で、口座の有無にかかわらずその場での審査に通ればキャッシングがすぐにできます。

借り入れに必要なカードが郵送されるので、利用できるまでに時間はかかりますが、会社や契約プランによっては、ネットからの申し込みもできます。

銀行系の個人向けローン会社は数多くありますが、その中には自行の口座がない人でもATM経由でキャッシングを行っているところがあります。

月々の支払いなどはほぼ決まったものが多く、予定は立てやすいものですが、人生には予期せぬ出費が付き物であり、そんな時、どこからお金を持ってくればいいか悩みますが、そんな時は、キャッシングというスピード融資の方法がありますね。

思っていたより手続きも簡単で、ネットからワンタッチで、お金を貸してくれるところが見つかるでしょう。

いくらお手軽と言っても、当然信用調査は行なわれますし、ゴーサインが出て初めて融資が実行されると言うわけです。

たとえ小額ずつでも多くの会社から借りてしまっていたり、返済が滞って数か月分もの未払いの債務があるような人などこれ以上の借り入れ分を返済するだけの経済力があるかどうか疑われてしまいそうな状況が見えれば、そのままで借り入れが可能になるなんて事はあり得ないので、もう借金の上乗せは出来ないものと覚悟を決めるしかありません。

クレジットカードと同様、キャッシングも明細書が送られてくることは避けられませんでした。

やましくなくても家族に口出しされたくないことってありますよね。

勤務先に送るのは以前ダメだったので、ほかに家族に秘匿する手段はないかといろいろ探してみたら、明細書を送付しない会社がたくさんあることに気がつきました。

大手では金利はさほど変わらないことを知っていたので、新生フィナンシャル系のレイクALSAにしました。

ここは180日間無利息というプランがあるんです。

レイクALSAは有人店舗がないと言われたので、契約には無人の自動契約機を使い、そこに設置された電話で色々疑問点を質問してみました。

最大の懸案事項であった利用明細書については、申込時にウェブ明細サービスを選べば、自宅への送付は回避できます。

おかげでやりくりも楽になりましたし、気持ちも楽になりました。

キャッシングは現金を貸してくれるサービスですから、ある程度の収入が得られる年齢だということは分かっても、具体的な年齢までは答えに詰まるという人もいるでしょう。

正しくはほとんどの金融機関が20歳以上と規定しているので、残念ながら未成年の利用はNGです。

また、キャッシングサービスだけでなく、キャッシング機能の付帯したクレジットカードを使った現金の借入も、未成年は利用できないと表記されているはずです。

キャッシング枠のついていないクレジットカードであれば、高校生を除いた18歳以上の方は利用できます。

けれど、キャッシング枠自体は成人済みの方のみのオプションです。

インターネットが身近な存在となってからはPCやスマホでお金を借りられる時代となり、誰でもお手軽に利用することができるようになりました。

ちなみに、借り入れが可能な人の条件としては18歳かもしくは、20歳以上で仕事に就いていて継続して安定した収入を得ている人となっています。

適用されるキャッシングの金利は金融会社ごとにまちまちであり、パーセンテージに開きがあります。

なるべくなら、低金利のキャッシング会社を探す努力が少しでも有利に借りるためには肝要です。


貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス