住宅ローンの審査が甘いところと厳しいところの違いとは?

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、住宅ローン審査に通らなければそれはただの夢です。

もちろん、住宅ローンを借りる必要がなければいいのですがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

住宅ローン審査甘いものではありませんし、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。

35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には住宅ローン審査に通らない方も出てきます。

住宅ローン審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

従って、住宅ローン審査甘いで話題になっているネットで評判の知っていると得するおすすめの銀行をご案内します。

参考:住宅ローン審査が甘い銀行とは?審査通りやすい【職業・年収基準は?】

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』の住宅ローンです。

注目のポイントはその利息の安さにあると言えますし、それでいてイオン銀行の住宅ローンを契約している方には、イオンでの買い物の際に何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

住宅ローンを組む時に必要なのが頭金です。

頭金は一切かかりません!と言った様な住宅ローン審査甘い広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただ、頭金を用意していないと金利が高くなったり住宅ローン審査が厳しくなったりします。

返済を少しでも少なくして、審査に通りたいならやっぱり最初に頭金を用意しておくのがお勧めです。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な書費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

住宅ローン審査甘い所を通過し現在、住宅ローンを返済中の方には借り換えをしたいと考え始めた方もいらっしゃるはず住宅ローン借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になる場合も。

ですが、借り換えをして必ずメリットがあると考えるのは早計です。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

諸費用なしで借りかえられる銀行などありません。

借り換えを検討する際はいろんな事も含め住宅ローンの返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度返済が楽になるか事前にシミュレーションすると良いでしょう。

これから住宅ローン審査甘い所に申込む予定のある方に、支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

まとまったお金が入った時に返済できれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、住宅ローンの繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は住宅ローン審査甘い所に申請する際に火災保険に加入する必要があります。

借入れしたお金を毎月払っていかなければならないのに、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合に保険に加入しなかった場合、住宅ローンはそのまま残りいかなる理由があっても支払いを続けなければなりません。

もしもの場合を回避するためにも、きちんと申請していれば契約者であるあなたはもちろん、お金を貸した住宅ローン会社側も便利なのです。

なので是非、申込みをされる事をおすすめします。

住宅ローンを申し込んだら審査が待っています。

住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、住宅ローン審査甘いなんてとこは無く、大変厳しく厳重に行われます。

住宅ローン審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

住宅ローン審査結果がわかるまでには一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

住宅ローン審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

これから、新築または中古の家を購入される方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、是非、住宅ローンの贈与税というものを理解しておきましょう。

親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、およそ1割を税金として納めなければなりません。

この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

住宅ローン審査甘い所に申し込む前に、今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

自宅購入の資金は、現金一括が一番という風な事は、通常あまり起こりえない事です。

世間一般には、住宅ローン審査甘いところから借金をするのが普通です住宅ローンの支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねるとやはり、毎月の住宅ローン返済の事を言う方が多いです。

住宅ローンの返済は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますしさらに、人生には突発的なアクシデントもあり得ますからけがや病気をしてしまうしれません。

そのため、慎重に考えてから住宅ローンの申し込みをしてください。

これから住宅ローンを借りたいと考えている方は、次のポイントを押さえておくと良いでしょう。

今までの買い物で一番高い商品になる事でしょう。

なので、住宅ローン審査甘いところや、金利の安さだけで選ばないようにしましょう。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

どんなにお得な金利で申込みをしても手数料や諸費用がかかると、結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

住宅ローン審査甘いところで借りたいときはまず、まずは住宅ローンをどこの銀行にお願いするか決めないといけません。

ネットバンク・労金・メガバンクなど住宅ローンを借りることができる金融機関は数多くあります。

申し込みをする銀行による住宅ローン審査は異なりますが、店舗がないネットバンクですと、申し込みから借入れまでの流れはネットを通して行います。

住宅ローン審査甘いところや店舗に行かなくて良いという点が非常に好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは住宅ローン返済額を少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、住宅ローン審査甘い銀行などで、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

そんな時に専門の銀行の担当者に相談して、住宅ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

まずは自分でもいくつか住宅ローンを下調べをしてみると良いですね。

住宅ローン審査甘い所では、長期固定金利でも低金利ということで人気を集めているのがフラット35です。

フラット35のように最初から最後まで金利が変わらない住宅ローンは安心ですよね。

フラット35は、最長35年間借入れ金利がが変わらないというのが最大のメリット。

特殊といっても、誰でも住宅ローンの申し込みは可能です。

ただ住宅ローン審査基準が普通とは変わっています。

フラット35の住宅ローン審査は、他の住宅ローンと少し目の付けどころが違います。

とはいえ、年収や勤続年数などはごまかしがきかないものこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、逆に価値がないと判断される住宅は住宅ローン審査に通りにくいという事になります。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

その一つが新築物件よりも、住宅ローンの返済期間が短くなってしまう点です。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

住宅ローン審査甘いなどのメリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり月々の負担が大きくなる可能性もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせて総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

住宅ローンで住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

この保険の内容は、住宅ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りの住宅ローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローン審査甘いところで住宅を購入する事ができます。

参考: