リフォームローンどこがいい?金利の安さで選ぶならどの銀行?

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけに拘ってはいけないということです。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、保証人や担保についても良く考える必要があるでしょう。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利は0%、しかも無担保でリフォームローンを組める場合もあります。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

口コミで人気のアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

申請を行う人物についても要件があり年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

また、減税は自己申告する必要があるため入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

楽天のリフォームローンといえばフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年10月からは新しいリフォームローン【フラット35】リノベが販売されています。

【楽天銀行などのフラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと当初5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることです。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利によって変わっていきます。

担保があるか否かによっても金利が変動し最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプには2種類あって固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の上げ下げに関わらず、一定の金利を維持するローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいと言われています。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHPで試算できます。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

返済期間や借入希望額を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報を登録することはないので軽い気持ちで利用することができます。

返済額の計算は難解ですからリフォームローンに興味がある方は積極的にご利用ください。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンが良いかと思います。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローン金利比較する場合は比較サイトを利用すると効率が良いです。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

比較検討したい金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

おすすめのリフォームローンを探すには 多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し条件にピッタリのリフォームローンを見つけましょう。

リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は施工業者によって違うようです。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

オリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

参考:リフォームローン金利比較でおすすめは?【金利が安い銀行ランキング】

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ最短2日で審査結果が郵送されてくるというスピード感。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらず太陽光発電の設置工事などにも利用することが可能です。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

リフォームローンの金利というものは金融機関によって様々です。

低い金利は1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動金利言われる金利と固定金利と言われる金利があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶことをおすすめします。

リフォームローンには大きく分けて担保形と無担保型といったものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

その上、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税を控除することができます。

控除の申告をするとその年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件があり定められています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下という条件があります。