住宅ローンシミュレーションが大切です。

住宅ローンは一世一代の大きな借金。計画的に利用しましょう。

HOME



住宅ローンでどれくらい税金が控除される?

住宅ローンの控除とは、日常生活するマイホームを購入したり建てたりしたときに、住民税と所得税が減税になる制度です。

控除されるには一定の条件があります。

この条件をクリアできれば控除が適用されます。

簡単にですが控除の条件を挙げておきたいと思います。

まずは、所得条件です。

住宅ローンの控除は年収ではなく所得が3000万円以下の方が条件となります。

ここでいう所得というのは、年収から給与所得控除や年金・健康保険料を差し引いた金額となります。

次に、入居の条件があります。

ただ買うだけでなく、入居していなければなりません。

そして、住宅ローンの内容も条件に入っています。

返済期間が10年以上、年間1%以上の金利であること、1年間に1回以上返済することが条件となります。

では、控除額はどの程度の金額になるのでしょうか。

国が試算して出しているデータがあるのでお知らせしたいと思います。

① 年収500万円、ローン残高3000万円の方
 所得税の減税額59.5万円+住民税の減税額59.5万円=合計減税額119万円

② 年収600万円、ローン残高3000万円の方
 所得税の減税額94.5万円+住民税の減税額94.5万円=合計減税額189万円

③ 年収700万円、ローン残高3000万円の方
 所得税の減税額165.5万円+住民税の減税額94.5万円=合計減税額253.5万円

例を出すとキリがないのでこれ以上出しませんが、結構な金額が控除になることがこの例でわかると思います。

住宅の種類によってはもっと控除額が増えることもあります。

ローンを組む際には控除を忘れないでくださいね。

アーカイブ

カテゴリー

↑Page Top

Copyright(c)住宅ローンシミュレーションが大切です。. All rights reserved.